難しい火入れ

僕が小学生のころ、ミスター味っ子
というテレビアニメがありました。

内容を知らない人は
1話無料で見てみてください

で、その影響もありまして
僕は小さな頃から料理に興味がありました。

 

 

 

中でも肉を焼くことに
特別な意識がありました。

 

 

からあげの肉の火入れを研究して
からあげ専門店を始めたわけですが

ほかにも肉を調理するのは大好きです。

 

 

 

で、本日のテーマになりますが
豚肉が一番難しいです。

 

 

だから面白いし、探求したくなります。

 

僕の肉焼きスキルですが

一番難しいのが豚、得意なのが鴨。
次に羊、牛と続き、難しいのが豚なんです。

 

 

 

 

 

 

僕だけが焼ければいいとかではなく

 

毎回、僕以外の人が火入れしても
似た感じに仕上がるようにしたくて
色々な方法で火入れをしています。

 

 

お客様の笑顔を増やすために
働くスタッフが楽しくなれるように

 

スタッフ全員が
簡単に高度な火入れができるように
システム化するのが目標です。

 

 

 

いやー、それにしても
豚肉は難しいです。

昨夜、豚丼を試作したんですが

脂身だけは、「シャキっ」と

噛み切れてよかったんですが

 

それ以外は、どーも、

イメージした味と触感にならず

ちょっと凹みました。

 

 

 

熱伝導の方法、焼く前の処理の仕方
組み合わせは何通りもあります

 

豚丼に最適な火入れを見つけて
かつ、スタッフ全員が
焼けるスキルを習得できるように

日々、トレーニングしていきます!

 

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました